フェイルオーバー

本番稼働しているシステムに何らかの障害が発生した際に、予め用意しておいた代替のシステムに自動的に本番機能が移行され、サービス・処理が引き続き継続される仕組みのことです。

通常、代替システムは稼働した状態で待機しており、本番環境とデータを同期したり、同じデータを扱えるようにしておくことで、即時で切り替わることが出来るようになっています。

ページトップへ戻る