ヘルスチェック

文字通り、システムが正常に稼働しているかどうかを監視して確認することをヘルスチェックと呼びます。

ヘルスチェックの方法は、対象の死活監視や、サービスの稼働状況(Webにアクセスできるかどうか等)、内部のリソース性能などを監視して、予め決めた内容で異常と判断されれば、アラームを発生させたり、自動で何らかの処理を実施させたりすることが可能です。
実際にどのような方法でチェックができて、どのようなアクションを実行させることができるかといったことについては、ヘルスチェック機能を提供するサービス、アプリケーションの仕様により異なります。

ページトップへ戻る