ロードバランサ

「ロード」とは負荷を意味する言葉で、バランシングとは「均一に保つ」という意味の言葉です。この2つの言葉を組合せ、負荷を均一化する装置という意味で、「負荷分散装置、またはその機能」のことをロードバランサと呼びます。

例えば、アクセス量の多いWebシステム等の場合は、ロードバランサに複数のWebサーバを接続して、全てのサーバに対して負荷が分散するようにアクセスを振り分けることが出来ます。これにより、大量のアクセスでも問題なく処理することができるようになります。

ページトップへ戻る